中もず会‎ > ‎

20140610 第110回 浅野修一様講演

2015年にスタートするASEAN経済共同体(AEC)を皮切りにアジア新興国は大きく変貌を遂げようとしています。日本の中小企業を取り巻く環境は厳しいものがありますが、今多くの中小企業が海外を目指して動き始めていることをご紹介します。
また、同時に海外に長期ステイする、また、永住するシニア世代も急増しています。
このロングステイの魅力についてお話します。


講演内容

■講演日時
 平成26年6月10日(火) 19:00開始 ~ 20:30
 東京国際フォーラム G508

■講師
 浅野 修一氏(大阪府立大学 工学部電気工学科 S50年卒)
 日本貿易振興機構(ジェトロ) ビジネス情報サービス部 新興国進出支援専門家

■講演テーマ・内容
 海外を楽しもう
 ・今でしょ! 中小企業の新興国への海外進出
 ・今人気の海外ロングステイ

■講師略歴
1975年3月 :大阪府立大学工学部電気工学科卒業
1975年4月 :㈱ 東芝入社
        東芝およびグループ会社で37年間海外部門に従事。主に映像・家電機器、PC,流通情報機器に
        関する保守・カスタマーサービスから海外事業企画・経営までを行う。 
        その間タイ、英国、ドイツ、フランスの海外現地法人5社に計16年間勤務し、海外渡航は58ヶ国にのぼる。
2012年に川崎の中小企業で中国・マレーシアの現地法人会社を立ち上げ。
2013年より日本貿易振興機構(ジェトロ)の新興国進出支援専門家として中小企業のASEAN諸国への進出を支援中。


※講演の資料は下記から閲覧出来ます。クリックすると別ウィンドウで開きます。

第110回 2014年6月 浅野修一様講演